私にとっての20世紀

加藤周一 著

二〇〇八年十二月に、惜しまれつつ八九年の生涯を閉じた著者は二〇世紀をいかにとらえていたのか。何を見つめ、何に希望を託して生き抜いたのか。本書は芸術、戦争、社会主義、ナショナリズム等の主題と自己の足跡を重ね合わせてこの世紀の意味を読み解いた書物であり、若い世代への期待を語った講演と生前最後のインタビュー(二〇〇八年八月)も収録した新編集版である。戦後を生きた知の巨人は旅路の果てに何を語り遺したのか、人間・加藤周一に関心を持つ読者にとって必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 私にとっての二〇世紀(いま、ここにある危機
  • 戦前・戦後その連続と断絶
  • 社会主義冷戦のかなたへ
  • 言葉・ナショナリズム)
  • 第2部 加藤周一、最後のメッセージ(老人と学生の未来-戦争か平和か
  • 加藤周一・一九六八年を語る-「言葉と戦車」ふたたび)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私にとっての20世紀
著作者等 加藤 周一
成田 竜一
書名ヨミ ワタクシ ニ トッテ ノ 20セイキ
書名別名 Watakushi ni totte no 20seiki
シリーズ名 岩波現代文庫 S180
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.2
ページ数 314p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603180-0
NCID BA89108113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21564769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想