「難死」の思想

小田実 著

空襲の焼け跡で見た虫ケラのような死=「難死」は、国家のための美しい「散華」などでは決してなかった。「公」のために殺し・殺されることなく、「私」を生き抜くにはどうしたらよいのか。敗戦の日をめぐって、三島由紀夫の割腹自殺をめぐって、空爆にさらされるベトナムや、アメリカ脱走兵をめぐって…。思索し行動する作家が、人間そのものへの深い洞察にもとづき記す平和論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「難死」の思想
  • 平和の倫理と論理
  • 人間・ある個人的考察
  • デモ行進とピラミッド
  • 彼の死の意味
  • 「生きつづける」ということ
  • 「殺すな」から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「難死」の思想
著作者等 小田 実
書名ヨミ ナンシ ノ シソウ
書名別名 Nanshi no shiso
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.6
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603168-8
NCID BA8623983X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21453124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想