征きて還りし兵の記憶

高杉一郎 著

あの本は偉大な政治家スターリンをけがすものだ。こんどだけは見のがしてやるが-最初の著書『極光のかげに』を日本共産党最高幹部から罵倒されたシベリア抑留帰りの著者は、孤独な長く暗い戦後を歩みはじめた。ソ連とは、社会主義とは、スターリンとは何だったのか。戦後史を画する人びとと事件の交錯をえがく誠実なヒューマニストの痛恨の回想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いけにえよ、記憶を語れ
  • 1945年の夏
  • 「捕虜だ!捕虜だ!」
  • 集中営のロシア
  • もうひとつのロシア
  • アントン・チェーホフとジョージ・ケナン
  • 日本人俘虜のための新聞
  • 帰還
  • 菅季治の死
  • 務台理作と中野重治
  • 朝鮮戦争のさなかで
  • 福原麟太郎と宮本百合子
  • おだやかな町-静岡で
  • スターリンの「言語学」論文
  • 中国の世界語者たち
  • その後の中野重治
  • 七三一部隊と「狼!狼!狼!」
  • ぬかるみの道はつづく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 征きて還りし兵の記憶
著作者等 高杉 一郎
書名ヨミ ユキテ カエリシ ヘイ ノ キオク
書名別名 Yukite kaerishi hei no kioku
シリーズ名 社会
岩波現代文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.6
ページ数 332p
大きさ 15cm
ISBN 4006030622
NCID BA57221568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想