読む力・聴く力

河合隼雄, 立花隆, 谷川俊太郎 著

人間の精神活動の基本である「読むこと」「聴くこと」は、高度情報化社会のいま、どれだけ人間の生き方や社会のあり方に関わる深い体験になっているのか。心理・ノンフィクション・詩の分野で日本を代表する三人が、それぞれの創作や臨床の現場での「読むこと」「聴くこと」についての体験を語りあい、現代におけるその意味を問い直す。講演・シンポジウム・アンソロジーをもとに構成した、刺激的な「読むこと」「聴くこと」論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに(「読む聴く」の大切さ
  • 生涯何冊本を読めるか ほか)
  • 講演(読むこと・聴くこと・生きること
  • 人間の未来と読むこと・聴くこと ほか)
  • アンソロジー(小アンソロジー)
  • シンポジウム(読む力・聴く力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読む力・聴く力
著作者等 河合 隼雄
立花 隆
谷川 俊太郎
書名ヨミ ヨム チカラ キク チカラ
シリーズ名 文芸 270
岩波現代文庫 270
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.10
ページ数 182p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602270-9
NCID BB19762582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22658420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想