荷風と東京 : 『断腸亭日乗』私註  上

川本三郎 著

永井荷風(一八七九‐一九五九)の『断腸亭日乗』を読み込み、荷風の生きた時代と彼が愛した東京の細部を浮かび上がらせる。荷風はどんなものを食べ、どんな映画を見、どんな女性と付き合っていたのか。上巻では築地や麻布偏奇館での生活、鴎外への景仰、二世左団次との親交、深川・砂町の探訪、荒川放水路と元八まんの発見などが取り上げられ、併せて経済生活にもふれられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「病余の生涯唯静安を願ふのみ」-「老い」の見立て
  • 老翁、俗を脱したり-「老人」への共感
  • 「持てあます西瓜ひとつやひとり者」-単身者の文学
  • 山の手の子の下町住まい
  • 三味線の聞える町-築地界隈
  • 下町のうっとうしさ
  • 崖の上の家-偏奇館独棲
  • 「余花卉を愛する事人に超えたり」-庭の小宇宙
  • 庭好む人-焚き火と掃葉
  • 山形ホテル
  • 鴎外への景仰
  • 「小鰺の塩焼、里芋田楽、味甚佳し」-淡白な食生活
  • 左団次との親交
  • 歌舞伎-愛すべきいかがわしさ
  • 隅田川を渡って-深川
  • 放水路の発見
  • 煙突の見える新開地-砂町
  • 「偶然のよろこびは期待した喜びにもまさる」-元八まんへの道
  • 立ちあがる大東京-震災後の復興
  • ランティエの経済生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷風と東京 : 『断腸亭日乗』私註
著作者等 川本 三郎
永井 荷風
書名ヨミ カフウ ト トウキョウ : ダンチョウテイ ニチジョウ シチュウ
シリーズ名 断腸亭日乗 B153
岩波現代文庫 B153
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.10
ページ数 335p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602153-5
NCID BA91712755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21676799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想