宮沢賢治「銀河鉄道の夜」精読

宮沢賢治 原著 ; 鎌田東二 著

未完の美しい物語「銀河鉄道の夜」は、多くの詩人たちを魅了しつづけ、想像力を喚起してきた。宗教学者である著者は、ジョバンニの銀河体験をシャーマンの脱魂体験や宇宙体験と結びつける。「ほんたうのさいはひ」とは何か。テキストの変遷を追いながら、賢治が表現しようとした人間の存在論的な孤独に迫る圧巻の新読解。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 鳥シャーマンの孤独と遠さ
  • 第1章 僕はほんたうにつらいなあ-修羅の涙
  • 第2章 みんなのほんたうのさいはひをさがしに行く-菩薩への求道
  • 第3章 セロのやうな声-ブルカニロ博士の実験
  • 第4章 どこまででも行ける切符-幻想第四次の銀河鉄道の緑の切符
  • 第5章 ほんたうのたった一人の神さま-一乗の乗り物
  • 第6章 今日牛乳がぼくのところに来なかったのですが-ジョバンニの帰還、あるいは菩薩は往く人ではなく還る人である
  • 終章 鳥シャーマンはどこの空を飛ぶか?
  • 銀河鉄道の夜(宮沢賢治)(初期形第一次稿
  • 初期形第二次次稿
  • 初期形第三次稿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」精読
著作者等 宮沢 賢治
鎌田 東二
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ギンガ テツドウ ノ ヨル セイドク
シリーズ名 銀河鉄道の夜
岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.12
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 4006020457
NCID BA54819159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20233806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想