生き延びるための思想

上野千鶴子 著

大義のために生きること、それはしばしば反転して「死ぬための思想」として機能してきた。女性も兵士となる権利をえるのが「平等」か、自爆テロや連合赤軍事件にかかわった女たちはどんな力学の中にいたのか-。「逃げよ、生き延びよ」と、弱者が弱者のままに生きられる社会のためのメッセージをこめた論考群。東日本大震災後の東京大学最終講義等も収録した新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに あげた手をおろす
  • 1 女性兵士という問題系
  • 2 戦争の犯罪化
  • 3 ナショナリズムを超える思想
  • 4 「祈り」に代わるもの
  • 5 3・11の後に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き延びるための思想
著作者等 上野 千鶴子
書名ヨミ イキノビル タメ ノ シソウ
書名別名 Ikinobiru tame no shiso
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
版表示 新版.
ページ数 393p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600270-1
NCID BB10484560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22174325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想