求道と悦楽 : 中国の禅と詩

入矢義高 著

禅語録の語学的・文学的研究を確立した著者による代表的な論文、随想をまとめる。唐宋代の口語・俗語を多用した禅語録を、精確に解読することで、旧来の伝統的解釈に囚われない新たな禅思想の理解が可能にされる。語録、禅僧の詩偈を解読した論文の他に、寒山、董/蘿石、水滸伝、老子など中国古典文学も取り上げて、広く「禅と文学」の問題が論じられる。白居易、明代の文人、敦煌説話等の中国古典文学に関する論文六篇を、新たに増補した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 禅と文学
  • 寒山について
  • 寒山-その人と詩
  • 〓(ほう)居士-その人と禅
  • 董蘿石-その人と詩
  • 中国の禅と詩
  • 禅問答というもの
  • 雨垂れの音
  • 臨済録雑感
  • 禅語つれづれ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 求道と悦楽 : 中国の禅と詩
著作者等 入矢 義高
書名ヨミ グドウ ト エツラク : チュウゴク ノ ゼン ト シ
書名別名 Gudo to etsuraku
シリーズ名 岩波現代文庫 G258
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
版表示 増補.
ページ数 350p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600258-9
NCID BB07970174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22050387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想