竹内好

鶴見俊輔 著

竹内好(一九一〇‐七七)の著作はなぜ今なお新鮮で読む者を魅了するのか。自分のくらしの中で魯迅を読むことをとおして自分の問題をみつけ、自分で解こうと努力することを生涯にわたってつづけた竹内に対し、深い尊敬と共感をもって書きあげた渾身の知的評伝。補論として「戦中思想再考-竹内好を手がかりとして」を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 道徳の根拠はどこに
  • 長野県臼田町‐東京
  • 善にはむくいなし
  • となりの国では
  • 北京で
  • 留学
  • 中華民国万歳と大日本帝国万歳
  • 中国文学研究会
  • 「大東亜戦争と吾等の決意」
  • 魯迅の墓〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竹内好
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ タケウチ ヨシミ : アル ホウホウ ノ デンキ
書名別名 ある方法の伝記

Takeuchi yoshimi
シリーズ名 岩波現代文庫 G241
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.9
ページ数 275, 10p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600241-1
NCID BB03319247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21834374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想