戦後日本の思想

久野収, 鶴見俊輔, 藤田省三 著

"戦後"がまだ戦後であった一九五〇年代末、戦争によって混迷に陥った日本人の思想の建直しをめざして行われた白熱の討論。「近代文学」「民主主義科学者協会」「心」それぞれのグループの思想、生活綴り方・サークル運動、社会科学者の思想、戦争体験の意味、の六つのテーマに即して同時代の思想を縦横に論じ、その可能性を模索した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知識人の発想地点-『近代文学』グループ
  • 反体制の思想運動-民主主義科学者協会
  • 日本の保守主義-『心』グループ
  • 大衆の思想-生活綴り方・サークル運動
  • 社会科学者の思想-大塚久雄・清水幾太郎・丸山真男
  • 戦争体験の思想的意味-知識人と大衆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の思想
著作者等 久野 収
藤田 省三
鶴見 俊輔
書名ヨミ センゴ ニホン ノ シソウ
書名別名 Sengo nihon no shiso
シリーズ名 岩波現代文庫 G232
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.1
ページ数 349p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600232-9
NCID BB00811015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21712941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想