戦後日本の大衆文化史

鶴見俊輔 著

日本思想史の本を、何年にカントが初めて紹介され、紹介した人は誰だというふうに、書きたくないと思った-戦後日本の文化状況を、漫画、流行歌、テレビドラマなどに映し出される、庶民の生活様式や意識の基層にまでたちかえって把握した独自の思想史。『戦時期日本の精神史』に続く柔軟な視点からの日本思想史完結篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 占領-押しつけられたものとしての米国風生活様式
  • 占領と正義の感覚について
  • 戦後日本の漫画
  • 寄席の芸術
  • 共通文化を育てる物語
  • 六〇年代以後のはやり歌について
  • 普通の市民と市民運動
  • くらしぶりについて
  • 旅行案内について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の大衆文化史
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ センゴ ニホン ノ タイシュウ ブンカシ : 1945 1980ネン
書名別名 1945~1980年

Sengo nihon no taishu bunkashi
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.4
ページ数 294p
大きさ 15cm
ISBN 4006000510
NCID BA51538732
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想