風土記の世界

三浦佑之 著

風土記は古代を知る、何でもありの宝箱。土地のいわれや古老の言い伝え、天皇の巡行など、バラエティーに富む内容から見える、中央国家と諸国との関係とは?ヤマトタケルを天皇として描く常陸国、編纂命令から二〇年も経て提出した出雲国、滑稽譚満載の播磨国など、特徴を読みとき、生き生きとした古代世界像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史書としての風土記
  • 第2章 現存風土記を概観する
  • 第3章 常陸国風土記-もう一つの歴史と伝承の宝庫
  • 第4章 出雲国風土記-神の国ともう一つの文化圏
  • 第5章 語り継がれる伝承-播磨国風土記と豊後国・肥前国風土記
  • まとめにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土記の世界
著作者等 三浦 佑之
書名ヨミ フドキ ノ セカイ
書名別名 Fudoki no sekai
シリーズ名 風土記 1604
岩波新書 新赤版 1604
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.4
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431604-6
NCID BB21085851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22751237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想