政権交代とは何だったのか

山口二郎 著

政権交代への期待感は幻滅へと変わり、いまや政党政治に対する忌避感すら拡がっている。なぜ政治主導で「生活第一」への政策転換を進めることができなかったのか。政権交代後の二年間の軌跡をたどり、政策形成のあり方、政と官の関係、国会政治の形などから民主党政権の意義と限界を冷静に検証。大震災後の民主政治の課題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民主党政権の軌跡
  • 第2章 統治システムの構築をめぐる試行錯誤
  • 第3章 政治主導による政策転換の成否-なぜ失敗し、どこで成功したか
  • 第4章 政党政治と国会の刷新
  • 第5章 政治学は民主政治に貢献したか
  • 第6章 民主主義へのシニシズムを超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政権交代とは何だったのか
著作者等 山口 二郎
書名ヨミ セイケン コウタイ トワ ナンダッタノカ
書名別名 Seiken kotai towa nandattanoka
シリーズ名 岩波新書 新赤版1347
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
ページ数 241, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431347-2
NCID BB07958496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22055859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想