浮世絵 : カラー版

大久保純一 著

北斎、広重、写楽-江戸の浮世絵は、日本国内のみならず、海外でも日本美術の代表として人気が高い。なぜこのように親しまれているのか。浮世絵の歴史、ジャンル(美人画、役者絵、名所絵、花鳥画等)、彫り、摺りの創作技法、隠された主題の読み解き方など鑑賞のための基礎知識を紹介しながら、その魅力を探る。図版七五点を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浮世絵のながれ(浮世絵版画のはじまり
  • 錦絵の誕生
  • 現実に向ける眼差し
  • 急速な大衆化)
  • 第2章 錦絵のジャンル(美人画
  • 役者絵
  • 名所絵(風景画)
  • 花鳥画
  • 戯画
  • 武者絵・物語絵)
  • 第3章 重ねられた主題と隠された主題(イメージの重層を楽しむ-見立絵
  • 世相諷刺を読む)
  • 第4章 錦絵はいかにつくられ、売られたか(改め、彫り、摺り
  • 販売の実態
  • 購買層と値段)
  • 第5章 錦絵の技法さまざま(摺り色制限の効果
  • 空摺という技法-質感再現のために
  • ぼかしのさまざま)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浮世絵 : カラー版
著作者等 大久保 純一
書名ヨミ ウキヨエ : カラーバン
書名別名 Ukiyoe
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 188, 8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431163-8
NCID BA8791568X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想