現代に生きるケインズ : モラル・サイエンスとしての経済理論

伊東光晴 著

ケインズ革命が否定され「小さな政府」論が隆盛を誇る今日、主著『一般理論』はどう読み直されるべきか。英国で公表された資料などをもとに、その意外な成立事情、内在する矛盾、誤った解釈などを論じ、現代日本の不況対策のあり方を考察する。名著『ケインズ』(岩波新書)刊行から四十余年、待望の最新ケインズ案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ケインズ没後六〇年-いま問われねばならないもの
  • 第1章 道徳科学としてのケインズ体系-伝統的体系の継承
  • 第2章 ケインズ理論再考-パラダイム転換
  • 第3章 妥協の書『一般理論』(ケインズの金融市場分析-新古典派への妥協とケインズの真意
  • 乗数論の誤った理解-それがケインズ政策批判を生みだした
  • カーンの提言が新古典派反革命を用意した)
  • 第4章 ヒックスによるケインズ理解-IS‐LM分析の誤り
  • 終章 学説史のなかのケインズ(道徳哲学から道徳科学へ
  • ケインズの市場観
  • ホモ・エコノミカス批判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代に生きるケインズ : モラル・サイエンスとしての経済理論
著作者等 伊東 光晴
書名ヨミ ゲンダイ ニ イキル ケインズ : モラル サイエンス ト シテノ ケイザイ リロン
書名別名 Gendai ni ikiru keinzu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.5
ページ数 226, 3p
大きさ 18cm
ISBN 400431013X
NCID BA76811999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想