裏日本 : 近代日本を問いなおす

古厩忠夫 著

「裏日本」とは本州の日本海地域、とりわけ北陸・山陰をいう。そして、この呼称は単なる自然地理概念ではなく、20世紀初頭、「表日本」に対するヒト・モノ・カネの供給地とされていくなかで成立し、定着したのである。歴史の実相をたどりつつ、「裏日本」を必然とした日本の近現代を問い直し、二一世紀に向けての視点を考える意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「裏日本」-もう一つの日本近代史
  • 1 どのように形成されたか
  • 2 自己イメージと「県民性」
  • 3 脱裏日本の道-対外進出論と列島改造論
  • 終章 「裏日本」を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裏日本 : 近代日本を問いなおす
著作者等 古厩 忠夫
書名ヨミ ウラニホン : キンダイ ニホン オ トイナオス
書名別名 Uranihon
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.9
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4004305225
NCID BA32240085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98044662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想