一揆

勝俣鎮夫 著

日本の中世は一揆の時代といわれる。この時期、あらゆる階層や地域に、共通の目的達成の手段として一揆が結ばれた。これら一揆とよばれる特異な集団は、どのような論理で結ばれ、支えられていたのか。一揆内部の作法や参加者の意識に光を当て、日本社会を深層から規定する集団形成のあり方を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一揆とは何か
  • 2 共同の世界
  • 3 変身と変相
  • 4 変革の思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一揆
著作者等 勝俣 鎮夫
書名ヨミ イッキ
書名別名 Ikki
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1982.6
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4004201942
NCID BN00634118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82041188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想