物理学とは何だろうか  上

朝永振一郎 著

現代文明を築きあげた基礎科学の一つである物理学という学問は、いつ、だれが、どのようにして考え出したものであろうか。十六世紀から現代まで、すぐれた頭脳の中に芽生えた物理学的思考の原型を探り、その曲折と飛躍のみちすじを明らかにしようとする。本巻では、ケプラーから産業革命期における熱学の完成までを取り上げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ケプラーの模索と発見
  • ガリレオの実験と論証
  • ニュートンの打ち立てた記念碑
  • 科学と教会
  • 錬金術から化学へ
  • 技術の進歩と物理学
  • ワットの発明
  • 火の動力についての省察
  • 熱の科学の確立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学とは何だろうか
著作者等 朝永 振一郎
書名ヨミ ブツリガク トワ ナンダロウカ
書名別名 Butsurigaku towa nandaroka
シリーズ名 岩波新書
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1979.5
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4004200857
NCID BN00741898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79020785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想