インドで考えたこと

堀田善衛 著

[目次]

  • I インドへ?! / 1
  • II アジアがアジアをなんにも知らない / 16
  • III 抽象的第一日 / 38
  • IV 日本のイメージ / 46
  • V 無慈悲な自然から思想が生れた / 71
  • VI 「怪奇にして異様なるもの」 / 85
  • VII ことば・ことば・ことば / 99
  • VIII 山羊の脳味噌 / 127
  • IX 「インドは貧しい国ではない」 / 142
  • X 修身斉家治国平天下 / 154
  • XI 連射連撃大エンゼツ会 / 169
  • XII 洞窟の思想 / 180
  • XIII おれは生きたい / 193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 インドで考えたこと
著作者等 堀田 善衛
書名ヨミ インド デ カンガエタ コト
書名別名 Indo de kangaeta koto
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1958 2版
ページ数 210p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4004150310
NCID BN01808531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58002604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想