南海トラフ巨大地震

石橋克彦 著

必ず来る「西日本大震災」にどう備えるか。大災害を繰り返してきた南海トラフ巨大地震の歴史記録を徹底検証し、その発生機構に独自の視点で迫る。都市型震災の脅威を『大地動乱の時代』で予見し、自ら造語した"原発震災"の警鐘を鳴らし続けてきた地震学者が「地震に強い社会」を根底から問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 南海トラフ巨大地震の歴史(くり返し発生した巨大地震
  • 昭和の南海トラフ巨大地震
  • 幕末の南海トラフ巨大地震
  • 近世の南海トラフ巨大地震
  • 中世の南海トラフ巨大地震
  • 古代の南海トラフ巨大地震)
  • 第2章 南海トラフ巨大地震の科学(フィリピン海プレートの沈み込み
  • 地震と津波の正体
  • 政府を想定した最大クラスの南海トラフ巨大地震
  • 南海トラフ巨大地震の原動力を問い直す
  • 過去の南海トラフ巨大地震の震源像)
  • 第3章 南海トラフ巨大地震と社会(南海トラフ巨大地震の被害想定
  • 巨大な危険施設-原子力発電所とリニア中央新幹線
  • 超広域複合大震災の時代にどう備えるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南海トラフ巨大地震
著作者等 石橋 克彦
書名ヨミ ナンカイ トラフ キョダイ ジシン : レキシ カガク シャカイ
書名別名 歴史・科学・社会
シリーズ名 叢書震災と社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.3
ページ数 205,45p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028531-5
NCID BB15140354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22398064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想