バガヴァッド・ギーター : 神に人の苦悩は理解できるのか?

赤松明彦 著

人間の苦悩の果てに、何かが変容する。非暴力をつらぬくガンディーの精神的よりどころとなり、死の床にあるシモーヌ・ヴェイユが愛読した、ヒンドゥーの聖典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 書物の旅路-バガヴァッド・ギーターの誕生(聖典の誕生
  • 原型を探る
  • 出版と新しい学の誕生)
  • 第2部 作品世界を読む-人の苦悩と神の変容(神の表象をめぐって
  • 人の苦悩のありか
  • アルジュナついに立つ-第一八章読解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バガヴァッド・ギーター : 神に人の苦悩は理解できるのか?
著作者等 赤松 明彦
書名ヨミ バガヴァッド ギーター : カミ ニ ヒト ノ クノウ ワ リカイデキルノカ
シリーズ名 バガバッドギーター
書物誕生 あたらしい古典入門
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.12
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028286-4
NCID BA8830822X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21539923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想