考古学と現代

佐原真 著 ; 金関恕, 春成秀爾 編

考古学は過去を扱うだけではない。大昔に花の造形がないのはなぜか、数の捉え方はどうだったか、そして戦争の始まりは…。著者は、遺跡・遺物の発する現代へのメッセージを、わかりやすく、楽しく伝えつづけた。発掘現場での説明、博物館の展示法、県市史の記述など、いかに広く一般の市民に興味をもってもらうか、これからの考古学を熱く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代へのメッセージ(大昔と現代
  • 米と日本文化)
  • 2 原始・古代史をめぐる論争(日本農耕起源論批判-『日本農耕文化の起源』をめぐって
  • エクアドルには渡らなかった縄紋土器
  • 吉野ヶ里と三内丸山
  • 騎馬民族征服王朝説への疑問-食用家畜に縁の薄い日本)
  • 3 市民のための歴史(考古学からみた伊丹地方)
  • 4 これからの考古学(考古学をやさしくしよう
  • 考古学を楽しくしよう)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学と現代
著作者等 佐原 真
春成 秀爾
金関 恕
書名ヨミ コウコガク ト ゲンダイ
シリーズ名 佐原真の仕事 / 佐原真 著 6
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.9
ページ数 385, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4000271164
NCID BA73552668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20888256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解説 広瀬和雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想