深層意識への道

河合隼雄 著

書物との出会いを通して人は新しい自己を発見する。パイオニアとして臨床心理学の道を切り拓いてきた著者にとって、どんな本がその思考形成に大きな意味をもったのか。幼少の頃から数多くの本を好んで読んできた著者が自らの読書遍歴を振り返り、そのなかで出会った二百冊近い数の本を具体的に取り上げ、読書の楽しさと意味について語る。ユーモアと洞察に満ちた、人間理解のための最適のガイドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 成人するまで(本を読むのは悪い子
  • 西洋の香り ほか)
  • 2 海外に学ぶ(ユング心理学
  • 異文化理解 ほか)
  • 3 日本における心理療法(箱庭と昔話
  • 児童文学 ほか)
  • 4 深層意識の探求(エラノス会議
  • 明恵の導き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深層意識への道
著作者等 河合 隼雄
書名ヨミ シンソウ イシキ エノ ミチ
書名別名 Shinso ishiki eno michi
シリーズ名 グーテンベルクの森
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.11
ページ数 217, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4000269879
NCID BA69751842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20715023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想