方法の冒険

筒井康隆 編

冒険、また冒険。20世紀の古典からweb小説まで。文学の新しい可能性とは?現代文学のゆくえ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 編集から読者へ 方法の前史、検証・論考(筒井康隆)
  • 家族の夢(小林恭二)
  • 同じ穴のムジナについて-ラブレー、ラシーヌ、バルザック(荻野アンナ)
  • 監獄、収容所、探偵小説(笠井潔)
  • 階層を超える試み-宇宙論の変遷とSF(堀晃)
  • 超虚構性からメタフィクションへ(筒井康隆)
  • グローバル文学の世紀(巽孝之)
  • ロールプレイング・ゲームと文学(いとうせいこう)
  • 脱構築から精神分析へ、そして文学へ(東浩紀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方法の冒険
著作者等 筒井 康隆
書名ヨミ ホウホウ ノ ボウケン
書名別名 Hoho no boken
シリーズ名 21世紀文学の創造 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.12
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4000267035
NCID BA54744956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想