評伝北一輝  1 (若き北一輝)

松本健一 著

明治十六年四月三日、孤島佐渡に北輝次(のち輝次郎、一輝)誕生。幼時より眼病を患い右眼失明。中学時代に社会主義と詩歌にめざめ、後の精神の原型がかたちづくられた。恋に破れ、学問と革命をめざし、混沌の帝都へと旅立つ-構想・執筆三十余年、はじめて明らかになる近代日本の最も危険な思想家の全体像(全五巻)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記憶の底
  • 第2章 理想と現実の亀裂
  • 第3章 現実の拒絶および世界創造の予兆
  • 第4章 吾人の帝国とその社会主義
  • 第5章 浪漫的革命への旅立ち
  • 北一輝と佐渡ヶ島-補足的に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝北一輝
著作者等 松本 健一
書名ヨミ ヒョウデン キタ イッキ
書名別名 若き北一輝

Hyoden kita ikki
巻冊次 1 (若き北一輝)
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.1
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4000264761
NCID BA65537873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20561259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想