日韓新たな始まりのための20章

田中宏, 板垣竜太 編

近年、インターネットなどで排外主義・人種主義が拡がっている。それは、日韓関係や在日朝鮮人をめぐる「嫌韓」意識として表れている。このような"嫌韓流"現象を多角的・批判的に分析するとともに、日本人とコリアンが新しい関係をつくるための手がかりとなる"思考の糧"と"歴史の見方"を提供する。「"嫌韓流"の解剖ツール」「マンガ表現から見た"嫌韓流"」「植民地支配は朝鮮を豊かにしたか」「朝鮮人強制連行はなかったのか」「参政権は「国民固有の権利」か」「在日コリアンに対する差別はなくなったのか」「韓国の「過去清算」はどうなっているか」「過去に向き合うことは「自虐史観」か」等20章。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "嫌韓流"現象を読み解く("嫌韓流"の解剖ツール
  • マンガ表現から見た"嫌韓流"-キャラクター操作を通じてのレイシズム)
  • 第2部 日本の朝鮮植民地支配をめぐって(韓国併合は朝鮮人が望んだものか
  • 植民地支配は朝鮮を豊かにしたか
  • 日本人と朝鮮人は平等だったか
  • 日本人はハングルを広めたか
  • 創氏改名とは何だったのか
  • 朝鮮人強制連行はなかったのか
  • 「慰安婦」制度は犯罪ではなかったのか)
  • 第3部 在日コリアンと日本社会(朝鮮人は戦前、どのように来日し、生活してきたか
  • 「解放された」在日朝鮮人は戦後をどう迎えたのか
  • 参政権は「国民固有の権利」か
  • 他民族共生社会のなかで民族学校をどう考えたらよいか
  • 在日コリアンに対する差別はなくなったのか)
  • 第4部 戦後の日韓関係について(戦後の日韓関係をどのように考えたらよいのか
  • 日韓条約で植民地支配は清算されたか
  • 竹島問題はどう考えたらよいか
  • 韓国の「過去清算」はどうなっているのか
  • 韓国は「反日」一色なのか
  • 過去に向き合うことは「自虐史観」か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓新たな始まりのための20章
著作者等 板垣 竜太
田中 宏
書名ヨミ ニッカン アラタナ ハジマリ ノ タメノ 20ショウ
書名別名 Nikkan aratana hajimari no tameno 20sho
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.1
ページ数 143p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024244-8
NCID BA80501758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21195129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想