講座日本映画  3 (トーキーの時代)

今村昌平 ほか編

トーキー来たる-世をあげて、エロ・グロ・ナンセンス時代、しのび寄る戦争の影、音を得た日本映画に民衆の屈折した感情が反映する。映画を通して再現したはじめての昭和史

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トーキー時代<日本映画史3>
  • 映画におけるオトの噺
  • トーキーの初期の表現
  • メロドラマの原点
  • シナリオライターが生まれた<日本シナリオ史3>
  • 伊丹さんの演出
  • 山中貞雄
  • 山中貞雄の思い出
  • 時代劇スターひと筋
  • 評伝島津保次郎監督
  • わが師清水宏
  • 溝口健二のリアリズム
  • 日活多摩川と東宝初期
  • 日活多摩川時代
  • セット美術の草分け
  • 大道具の現場で
  • 日帝植民地時代の朝鮮映画
  • ある時代映画のイロニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座日本映画
著作者等 今村 昌平
佐藤 忠男
山田 洋次
新藤 兼人
鶴見 俊輔
今村昌平ほか
書名ヨミ コウザ ニホン エイガ
書名別名 トーキーの時代

Koza nihon eiga
巻冊次 3 (トーキーの時代)
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.3
ページ数 350p
大きさ 21cm
ISBN 4000102532
NCID BN00826367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86031289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある時代映画のイロニー 多田道太郎
みのる座 榛葉明彦
わが師清水宏 加藤恒雄, 山田洋次
シナリオライターが生まれた : 日本シナリオ史3 新藤兼人
セット美術の草分け 小池一美, 新藤兼人
トーキーとはこんなものでした 御園京平
トーキー初期の表現 岩本憲児
トーキー時代 : 日本映画史3 佐藤忠男
メロドラマの原点 山内久
世界館 柴田勝
伊丹さんの演出 佐伯清
児玉座と児玉映画劇場 松原映
八重垣劇場 伊藤柴英
大道具の現場で 新藤兼人, 松野喜代春
山中貞雄 滋野辰彦
山中貞雄の思い出 新藤兼人, 深水藤子
日帝植民地時代の朝鮮映画 李英一, 高崎宗司
日活多摩川と東宝初期 杉山平一
日活多摩川時代 島耕二, 新藤兼人
映画におけるオトの噺 長谷部慶次
昭和初年の常設館プログラム
時代劇スターひと筋 佐藤忠男, 市川右太衛門
活動写真常設館"新世界" 黒島善治
溝口健二のリアリズム 増村保造
福岡宝塚会館 藤川治水
評伝島津保次郎監督 吉村公三郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想