一般教養としての物理学入門

和田純夫 著

現代物理学の究極の到達点である「場の量子論」。これに基づく自然観、すなわち、この世界の"なりたち"、そして"ゆくえ"を、おもに文科系の学生や研究者に理解してもらうためにまとめられたのが本書です。とくに、物理に不可欠な高度な数式を本質的に同等な日本語におきかえて、だれもが考え方の根本を納得できるように工夫しました。ここに書かれていることは、現代を生きぬく人々にとって必須の一般教養である、と読後、感じられることでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代自然科学とは
  • 古典力学(物体の運動を考えるときの基本的枠組み
  • 地上の物体と天体の運動の統一)
  • エネルギーと熱力学-力学現象と熱現象の統一
  • 不可逆過程とエントロピー-自然現象における統計的効果
  • 電気と磁気-古典電磁気学の成立
  • 特殊相対論(電磁気学がもたらした新しい時空観
  • 新しい時空観のもとでの力学の再構成)
  • 一般相対論と宇宙論-力学の対象としての時空
  • 量子力学(ミクロとマクロの世界の相違
  • ミクロからマクロの世界へのつながり)
  • 場の量子論と統一理論-力学と電磁気学の統一、そして究極の理論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般教養としての物理学入門
著作者等 和田 純夫
書名ヨミ イッパン キョウヨウ ト シテノ ブツリガク ニュウモン
書名別名 Ippan kyoyo to shiteno butsurigaku nyumon
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.6
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 4000050443
NCID BA52422799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20192790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想