STAP細胞はなぜ潰されたのか

渋谷一郎 著

アメリカの研究者が確認!STAP細胞は本当に存在した!!マスコミ総がかりでリンチした捏造騒動の闇と光。捏造報道はなぜ行われたのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 STAP細胞を発見するまで
  • 第2章 小保方氏のもっとも幸せな時間
  • 第3章 STAP細胞は存在すると言える4つの理由
  • 第4章 STAP細胞の何が問題になったのか
  • 第5章 問題箇所は本当に問題だったのか
  • 第6章 STAP細胞の捏造報道を検証する
  • 第7章 早稲田大学の博士論文取り消しは正しかったのか
  • 第8章 『あの日』出版の衝撃

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 STAP細胞はなぜ潰されたのか
著作者等 渋谷 一郎
書名ヨミ スタップ サイボウ ワ ナゼ ツブサレタ ノカ : オボカタ ハルコ アノ ヒ ノ シンジツ
書名別名 小保方晴子『あの日』の真実

Sutappu saibo wa naze tsubusareta noka
出版元 ビジネス社
刊行年月 2016.5
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8284-1872-8
NCID BB2128614X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想