語り継がれた偏見と差別

福西征子 著

日本書紀にハンセン病はどう描かれていたか。一休和尚はどう語っていたか。幕藩体制下の諸藩はどんな対策をしていたか。古代から明治まで文献に記されたハンセン病を洗い出し、いかに人々のなかに偏見と差別意識が根づいていったかを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハンセン病啓発の問題点‐古代仏教・説話と近代ハンセン病学-宿罪・重罪・因果・不治の慢性伝染病としてのハンセン病
  • 中世のハンセン病観(起請文-神罰・仏罰・天罰としてのハンセン病
  • 東海和尚一休の自戒集および狂雲集-法罰としてのハンセン病)
  • 中世から近世初期の民衆とハンセン病-説経節「人の嫌ひし病」の再生と救済
  • 近世中期から幕末におけるハンセン病観-外国人医師の手記に見るハンセン病
  • 近世幕藩体制下におけるハンセン病-会津・三春・弘前・加賀藩のハンセン病対策
  • 明治維新以後・法律第一一号「らい予防に関する件」制定まで(血筋・家筋と遺伝と伝染
  • 第一三回帝国議会から第一八回帝国議会まで-ハンセン病観の科学化
  • 第二一回・第二二回・第二三回帝国議会-隔離の始まりとその療養生活のイメージ)
  • 法律第一一号「らい予防に関する件」と隔離の始まり-北部保養院の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語り継がれた偏見と差別
著作者等 福西 征子
書名ヨミ カタリツガレタ ヘンケン ト サベツ : レキシ ノ ナカ ノ ハンセンビョウ
書名別名 歴史のなかのハンセン病

Kataritsugareta henken to sabetsu
出版元 昭和堂
刊行年月 2017.3
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-1621-7
NCID BB23446134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想