本当は不気味で怖ろしい自分探し

春日武彦 著

「本当の自分」の正体、ほんとうに知りたいですか?表に現われてこない「本当の自分」とは、じつはあなたが「封印している自分」なのかもしれない…。臨床医としてあらゆる患者に接してきた精神科医が、心の奥底に深く下りていって見つけたものとは?エッセイと不穏な小説でつづる、不気味な自分探しマニュアル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不気味な自分探し(自分の知らない自分はどこにいるのか
  • 「もう一人の自分」の人生
  • 信用ならない自分
  • 心の二重底
  • ただそういうものとして
  • 地味な「本当の自分」
  • 死と死体の話)
  • 第2章 まがいものめいた世界(まがいものめいた世界
  • 見えない現実
  • ずれている
  • 安っぽさ
  • 「自分探し」で見つかる答え
  • 食い逃げ
  • 現実の掴みどころ)
  • 第3章 「空虚な自分」の発見(説明不能
  • 本当の自分とは何か
  • 「本当の自分」たちとの遭遇
  • 動物ビスケット譚
  • センチメンタルな感覚
  • 不確かさだけが残った
  • 空虚なわたし)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本当は不気味で怖ろしい自分探し
著作者等 春日 武彦
書名ヨミ ホントウ ワ ブキミ デ オソロシイ ジブン サガシ
出版元 草思社
刊行年月 2007.5
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7942-1595-6
NCID BA82132798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想