盲ろう者として生きて : 指点字によるコミュニケーションの復活と再生

福島智 著

[目次]

  • 第1部 盲ろう者研究と本書の性格(「盲ろう者」という存在と先行研究の概況
  • 本研究の目的と方法)
  • 第2部 福島智における視覚・聴覚の喪失と「指点字」を用いたコミュニケーション再構築の過程(出生から盲ろう者になるまで
  • 失聴-盲ろう者として生きる)
  • 第3部 分析と考察(文脈的理解の喪失と再構築の過程
  • 根元的な孤独とそれと同じくらい強い他者への憧れの共存)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盲ろう者として生きて : 指点字によるコミュニケーションの復活と再生
著作者等 福島 智
書名ヨミ モウロウシャ ト シテ イキテ : ユビテンジ ニ ヨル コミュニケーション ノ フッカツ ト サイセイ
出版元 明石書店
刊行年月 2011.7
ページ数 507p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3433-2
NCID BB06521313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21970714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想