明治国家の服制と華族

刑部芳則 著

維新後に導入された和装から洋装へという明治国家の新しい服制は、どのような過程を経て創設されたのか。また、近代天皇制を支えた「皇室の藩屏」たる華族たちは「四民の上に立つ」という役割をいかなる形で果たそうとしたのか。服制改革や麝香間祗候などに光を当て、服制の変化と華族階層における役割意識の違いを検討し、明治国家の本質を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 服制と華族の研究状況と課題
  • 1 明治国家の服制形成(維新政府の服制論議
  • 服制改革の実施
  • 明治天皇の服制改革
  • 服制改革の反動
  • 階級秩序の制度的完成)
  • 2 華族の役割意識(華族会館の設立と展開
  • 麝香間祗候の政治運動
  • 華族への期待と資質
  • 華族の政治的役割と文化的役割
  • 麝香間祗候の歴史編纂事業
  • M時国家の服制と華族)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治国家の服制と華族
著作者等 刑部 芳則
書名ヨミ メイジ コッカ ノ フクセイ ト カゾク
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.12
ページ数 386,16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03816-4
NCID BB11123433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想