はじめて学ぶパーソナリティ心理学 : 個性をめぐる冒険

小塩真司 著

世界じゅうの人を比べたとき、まったく同じ「こころ」をもつ人はいない。しかし人はつい、いくつかの「タイプ」に分けようとしてしまう。現在まで盛んに行われてきたパーソナリティ心理学の研究を概観したとき、「人を多面的にとらえて理解する」ことの大切さが見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 個人差をどう考えるか-人々の違いを視覚化してみる
  • 見えないものをどう見るか-構成概念という考え方
  • パーソナリティをどうやって測るのか-基本的な考え方
  • 測定できているかどうかをどう判断するか-信頼性と妥当性
  • 人をどのように分けるのか-類型論について考える
  • どのような物差しを当てるか-特性論の展開
  • 分けることと測ることは違うのか-類型と特性を理解する
  • 知性を測ることはできるのか-知能検査の歴史
  • あなたは人を分類しているか(1)-血液型性格判断の歴史
  • あなたは人を分類しているか(2)-血液型性格判断の是非〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめて学ぶパーソナリティ心理学 : 個性をめぐる冒険
著作者等 小塩 真司
書名ヨミ ハジメテ マナブ パーソナリティ シンリガク : コセイ オ メグル ボウケン
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.4
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-05684-2
NCID BB01869065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21739824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想