金正日の後継者

重村智計 著

二〇〇八年末、金正日総書記の後継者が決まった。北朝鮮はこの人物の名前を〇九年末までには明らかにするだろう。後継者は、金正日の三人の息子(金正男・金正哲・金正雲)のうちの誰かではない。では、その人物とは一体誰か?さらに、〇九年四月のテポドン2号はなんのために打ち上げられたのか?北朝鮮のテレビが伝える金正日の激やせ映像は何を意味するのか?そして「金正日死亡説」がいまなお説得力をもつ理由とは?90%のガセネタが横行する北朝鮮情報の世界で、圧倒的取材力とウソを見破る情報分析力で他を寄せつけない、"北朝鮮問題"報道の第一人者が、ついに明らかにする驚愕の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ウォルター・リップマンに学ぶ
  • 第1章 「後継者は三人の息子の誰かではない」
  • 第2章 金賢という男
  • 第3章 張成沢と李済剛の死闘
  • 第4章 なぜ後継者を決定できなかったのか
  • 終章 「アメリカ後の世界」と北朝鮮
  • おわりに 核保有国か崩壊か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金正日の後継者
著作者等 重村 智計
書名ヨミ キン ショウニチ ノ コウケイシャ
シリーズ名 ベスト新書 232
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2009.6
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12232-7
NCID BA90967783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想