世界のなかのライシテ

ジャン・ボベロ 著 ; 私市正年, 中村遥 訳

「国家が特定の宗教を保護せず、複数の宗教が政治から自立しながら平等な地位を保障され、また個人および集団も宗教の選択と信仰の自由が保障されている原理」、ライシテ。その歴史と全世界の歩みを地域ごとに解説。とくに二〇一一年「アラブの春」後のイスラーム諸国の変化に注目。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ライシテ-国際的現実
  • 第1章 ライシテの前史
  • 第2章 ライシテの哲学的土台
  • 第3章 啓蒙専制主義、革命、ライシテ
  • 第4章 ライシテと近代性の勝利
  • 第5章 世俗化された社会とライシテ
  • 第6章 ライシテの地政学
  • 第7章 「普通の市民」、ライシテそして二十一世紀の挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界のなかのライシテ
著作者等 Baubérot, Jean
中村 遥
私市 正年
Baub'erot Jean
ボベロ ジャン
書名ヨミ セカイ ノ ナカ ノ ライシテ : シュウキョウ ト セイジ ノ カンケイシ
書名別名 Les laïcités dans le monde

宗教と政治の関係史

Sekai no naka no raishite
シリーズ名 文庫クセジュ 994
出版元 白水社
刊行年月 2014.9
ページ数 153,9p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50994-4
NCID BB16588456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22470833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想