思想の身体  徳の巻

黒住真 編著

現代で最も忘れられ最も必要とされる思想、「徳」のダイナミズムを明らかにする。衣・食・住の動的なリズムの背景にあるものとは。注目のシリーズ第八弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人において徳とはなにか
  • 第2章 徳と秩序の神義論
  • 第3章 日本仏教における「徳」をめぐって
  • 第4章 庶民社会における「徳」
  • 第5章 共同的なる徳とカリスマの表象
  • 鼎論 人間における徳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想の身体
著作者等 宮本 久雄
田尻 祐一郎
福井 裕之
竹内 整一
趙 寛子
頼住 光子
黒住 真
書名ヨミ シソウ ノ シンタイ
書名別名 Shiso no shintai
巻冊次 徳の巻
出版元 春秋社
刊行年月 2007.3
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-33252-8
NCID BA81363911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想