秘密諜報員ベートーヴェン

古山和男 著

ベートーヴェンが「不滅の恋人よ」と呼びかける三通の「ラヴレター」は、いまだに、誰に宛てて書かれたのか、決定的な証拠はない。この音楽史最大のミステリーに、新説が登場!実はこの手紙は、1812年の夏、全ヨーロッパを巻き込んだ大事件の中で、楽聖が「政治的危機」を友人に伝える「暗号」だったというのだ。果たして真説か。3通の手紙から壮大なスケールに広がる歴史絵巻、ここに開幕。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "不滅の恋人"への手紙とは
  • 第2章 ナポレオンの大陸制度
  • 第3章 ベートーヴェンとブレンターノ家の人々
  • 第4章 一八一二年七月、テプリッツ
  • 第5章 「手紙」の再検証
  • 第6章 大崩壊
  • 第7章 "不滅の恋人"の去ったヨーロッパ
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘密諜報員ベートーヴェン
著作者等 古山 和男
書名ヨミ ヒミツ チョウホウイン ベートーヴェン
書名別名 Himitsu chohoin betoven
シリーズ名 新潮新書 366
出版元 新潮社
刊行年月 2010.5
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610366-7
NCID BB01935840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21767960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想