エゾシカを食卓へ : ヨーロッパに学ぶシカ類の有効活用

大泰司紀之, 本間浩昭 編著

野生動物としてのエゾシカは、どのように認識されているのか。可愛いバンビのまなざしに感情移入して目をそむける方、こうした共生策は邪道だと目をむく方、激増の背景や日本以外の現状を知りたい方、対策に追われながら解決の糸口を見いだせない方…。本書には、さまざまな問題を引き起こしているエゾシカとわれわれ人間が折り合いをつけるための方策が述べられている。著者が北海道農政部に提出した「エゾシカ有効活用実態調査報告書」(1998年3月)をベースに最新のデータを加筆し、作成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 わが国の現状と問題点(エゾシカの爆発的増加
  • 追いつかぬ被害対策)
  • 2 有効活用されているヨーロッパのシカ類(英国スコットランドの先進的保護管理
  • ドイツの伝統的保護管理
  • ハンガリーの狩猟産業的保護管理
  • ヨーロッパの鹿肉処理と流通 ほか)
  • 3 エゾシカの有効活用と地域活性化に向けて(ハンターの一次処理
  • 肉処理拠点施設の必要性
  • エゾシカ協会の創設を
  • ハンティング・ビジネスとまちおこし ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エゾシカを食卓へ : ヨーロッパに学ぶシカ類の有効活用
著作者等 大泰司 紀之
本間 浩昭
書名ヨミ エゾシカ オ ショクタク エ : ヨーロッパ ニ マナブ シカルイ ノ ユウコウ カツヨウ
出版元 丸善プラネット : 丸善
刊行年月 1998.9
ページ数 215p
大きさ 21cm
ISBN 4944024576
NCID BA37488769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20043542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想