哲学する日本 : 非分離/述語制/場所/非自己  1 (哲学地盤の転移)

山本哲士 著

「日本」は、非分離・述語制・場所の概念をもって捉えることができる。それは、主客分離で主語中心の西欧哲学を地盤変えし、対の感覚の非自己閾を開く。日本語の論理、日本の文化技術から、新たな哲学原理を掘りあて言説生産し、ホスピタリティ哲学を深め近代を超えていく、超領域的思考による大転換の書。その第1巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本という全称・特称
  • 1 哲学地盤の転移-哲学設計の新原理(非分離の哲学
  • 述語制の哲学
  • 場所の哲学)
  • 2 非自己の哲学閾(非自己の哲学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学する日本 : 非分離/述語制/場所/非自己
著作者等 山本 哲士
書名ヨミ テツガクスル ニホン : ヒブンリ ジュツゴセイ バショ ヒジコ
書名別名 哲学地盤の転移
巻冊次 1 (哲学地盤の転移)
出版元 文化科学高等研究院出版局
刊行年月 2011.2
ページ数 418p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-938710-65-1
NCID BB05445231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21900966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想