陪審裁判

宮本三郎 著

国民の常識からかけはなれてしまった裁判民主化のために、国民が参加する「陪審制度」が、検討されている。同制度は戦前ですら、司法への国民参加の方式として実施されていた。しかし、いまとなっては制度そのものが、あまりに知られていないのが実情。陪審制度とはなにかを、簡略に説明したとして定評のある書の改定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 陪審裁判の意義を中心として
  • 第2部 陪審裁判の実際は
  • 第3部 否定論、反対論にたいする反論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陪審裁判
著作者等 宮本 三郎
書名ヨミ バイシン サイバン
書名別名 市民の正義を法廷に

Baishin saiban
出版元 イクォリティ
刊行年月 1994.3
版表示 改訂版
ページ数 180, 19p
大きさ 19cm
ISBN 4938585057
NCID BN10591292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95009671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想