マッチうりの女の子

ハンス・クリスチャン・アンデルセン 作 ; スベン・オットー 絵 ; 乾侑美子 訳

身をきられるように寒く、暗い、雪のふりしきる街を、ひとりの小さな女の子が歩いていました。足ははだしで、すりきれたエプロンには、マッチのたばをかかえながら。その日、一日じゅう、だれもマッチを買ってくれませんでしたので、家へ帰るわけにもいきません。女の子は、おなかをすかせ、こごえそうになりながら、とうとう、通りの家の壁のくぼみに、すわりこんでしまいました。そして、寒さに耐えかねてすった炎の中に、女の子が見たものは…。名高く、哀切にみちたアンデルセンの『マッチうりの女の子』を、アンデルセンと同じ国の画家スベン・オットーが、冬のデンマークの街の情感を背景に、格調高く描きます。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マッチうりの女の子
著作者等 Andersen, H. C.
Andersen, Hans Christian
Svend Otto Sørensen
乾 侑美子
Otto S Svend
オットー スベン
アンデルセン ハンス・クリスチャン
書名ヨミ マッチウリ ノ オンナノコ
書名別名 Den lille pige med svovlstikkerne
出版元 童話館
刊行年月 1994.12
ページ数 1冊
大きさ 30cm
ISBN 4924938289
NCID BA39177599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95057658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 デンマーク語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想