渡来人

森浩一, 門脇禎二 編

渡来人とはどのような集団か。渡来人の果たした役割とは何か。日本各地に色濃くのこる渡来文化の痕跡。その原郷としての朝鮮半島南部の最新の発掘成果をもとに、生活文化、ことばと文字、仏教文化、さまざまな技術の問題などを具体的に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基調講演(朝鮮半島の最新の発掘成果から)
  • 2 基調報告(耳飾り・唐草文様の系譜
  • 近江の渡来文化)
  • 3 基調発表(渡来人の諸相
  • 大陸文化と美濃・飛騨 ほか)
  • 4 記念講演(古代の日本と渡来の文化)
  • 5 討論(渡来人と渡来文化)
  • 6 誌上参加(美濃・尾張の鉄そして渡来人-ヤマトタケルと壬申の乱と
  • 古代尾張の渡来文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡来人
著作者等 森 浩一
門脇 禎二
書名ヨミ トライジン : オワリ ミノ ト トライ ブンカ
書名別名 尾張・美濃と渡来文化
出版元 大巧社
刊行年月 1997.12
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4924899232
NCID BA33835179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想