言語聴覚士リスク管理ハンドブック

山本徹, 清水宗平 編集

[目次]

  • 第1章 急性期におけるリスクと情報の管理(疾患の理解と医療的リスク
  • 情報収集の方法
  • コミュニケーション状態の評価
  • 摂食嚥下状態の評価・訓練・開始基準・連携)
  • 第2章 回復期(入院時)におけるリスクと情報の管理(情報収集の方法
  • コミュニケーション状態の評価
  • 摂食嚥下・栄養状態の評価
  • 摂食の開始
  • 収集した情報のまとめ方と伝え方
  • 訓練実施の際のリスク管理)
  • 第3章 回復期(退院時)におけるリスクと情報の管理(退院前訪問指導
  • 退院前の再評価とカンファレンス
  • 退院設定)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語聴覚士リスク管理ハンドブック
著作者等 山本 徹
清水 宗平
書名ヨミ ゲンゴ チョウカクシ リスク カンリ ハンドブック : ヨウセイコウ デワ マナベナイ リンショウ ノ チエ
書名別名 Clinical Risk Management Hand Book for Speech-Language-Hearing Therapist

Clinical Risk Management Hand Book for Speech-Language-Hearing Therapist : 養成校では学べない臨床の知恵
出版元 ヒューマン・プレス
刊行年月 2017.6
ページ数 408p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-908933-08-0
NCID BB24779904
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22969227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想