収容所のプルースト

ジョゼフ・チャプスキ 著 ; 岩津航 訳

一九三九年のナチスとソ連による相次ぐポーランド侵攻。このときソ連の強制収容所に連行されたポーランド人画家のジョゼフ・チャプスキ(一八九六‐一九九三)は、零下四〇度の極寒と厳しい監視のもと、プルースト『失われた時を求めて』の連続講義を開始する。その二年後にチャプスキは解放されるが、同房のほとんどが行方不明となり、「カティンの森」事件の犠牲になるという歴史的事実にあって、『失われた時を求めて』はどのように想起され、語られたのか?現存するノートをもとに再現された魂の文学論にして、この長篇小説の未読者にも最適なガイドブック。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 収容所のプルースト
著作者等 Czapski, Józef
岩津 航
Czapski Joseph
チャプスキ ジョゼフ
書名ヨミ シュウヨウジョ ノ プルースト
書名別名 Proust contre la déchéance
シリーズ名 境界の文学
出版元 共和国
刊行年月 2018.1
ページ数 193p 図版 [14] 枚
大きさ 20cm
ISBN 978-4-907986-42-1
NCID BB25640921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23009208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想