『甲陽軍鑑』の悲劇

浅野裕一, 浅野史拡 著

「風林火山」の真実。信玄の側近によって、滅びを目前にして書き残された魂の叫び、ここに刻まれた、武士のあるべき姿、戦闘の美学とは何か。日本兵学思想の礎を築いた書物の数奇な運命を追って。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 『甲陽軍鑑』の兵学思想-上方兵学との対比(中国兵学と日本兵学
  • 武田信玄の美学
  • 織田信長への非難
  • 悪しき上方の風土
  • 豊臣秀吉の反論
  • 徳川家康は希望の星
  • 甲州流兵学からプロシア兵学へ)
  • 第2部 『甲陽軍鑑』偽書説をめぐる研究史-偽書説はなぜ生まれたか(偽書の烙印-『甲陽軍鑑』悲劇の開始
  • 偽書説をめぐる戦前の研究-逸足のジレンマ
  • 『甲陽軍鑑』の戦後-偽書説の守護者たち
  • 不都合な史料-菅助に戸惑う研究者たち
  • 名誉回復の兆し-もう一つの桶狭間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『甲陽軍鑑』の悲劇
著作者等 浅野 史拡
浅野 裕一
書名ヨミ コウヨウ グンカン ノ ヒゲキ : ヤミ ニ ホウムラレタ シンゲン ノ ヘイショ
書名別名 闇に葬られた信玄の兵書
シリーズ名 甲陽軍鑑
出版元 ぷねうま舎
刊行年月 2016.7
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-906791-59-0
NCID BB21948142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22773635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想