伸びる子・できる子の親の日常 : いつも子どもは親を見ている

金盛浦子 著

[目次]

  • 1 子どもの力・親の力って何?
  • 2 普段の生活で「感じて」いますか
  • 3 「甘える」には意味がある
  • 4 好奇心を忘れていませんか
  • 5 「話す」「聞く」には大きな力がある
  • 6 その家の習慣からすべてが始まる
  • 7 「生きる力」はちょっとしたことから
  • 8 認める姿勢が子どもの力になる
  • 9 日常生活から勉強する気が育つ
  • 10 親の生き方を見せる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伸びる子・できる子の親の日常 : いつも子どもは親を見ている
著作者等 金盛 浦子
書名ヨミ ノビル コ デキル コ ノ オヤ ノ ニチジョウ : イツモ コドモ ワ オヤ オ ミテ イル
出版元 さくら舎
刊行年月 2012.11
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-906732-22-7
NCID BB11692326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想