アメリカ連邦議会 : 世界最強議会の政策形成と政策実現

廣瀬淳子 著

本書が対象とするのは、教科書的議会以後の現在のアメリカ連邦議会である。アメリカ連邦議会が何故独自の政策形成が可能なのか、それを議会制度と活動実態の両面から明らかにすることが本書の第一の目的である。さらに、アメリカ連邦議会は1970年代以降何故これほど大きく変化したのか、その変化の詳細と原因を明らかにし、現在のアメリカ連邦議会の姿を伝えることが本書の第二の目的である。さらにそのようなアメリカ連邦議会をアメリカの政治研究者がどのように理解し、理論化しているかについても概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカ連邦議会の特質
  • 第1章 9.11テロ事件とアメリカ連邦議会
  • 第2章 アメリカ連邦議会の概要とアメリカの政策過程
  • 第3章 立法過程
  • 第4章 予算過程
  • 第5章 戦後のアメリカ連邦議会改革
  • 第6章 共和党多数派議会の特色
  • 第7章 アメリカ連邦議会研究と理論の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ連邦議会 : 世界最強議会の政策形成と政策実現
著作者等 廣瀬 淳子
広瀬 淳子
書名ヨミ アメリカ レンポウ ギカイ : セカイ サイキョウ ギカイ ノ セイサク ケイセイ ト セイサク ジツゲン
書名別名 The United States Congress

Amerika renpo gikai
出版元 公人社
刊行年月 2004.6
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 4906430988
NCID BA67649787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20622649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想