浦島太郎の文学史 : 恋愛小説の発生

三浦佑之 著

浦島太郎の真の姿は神仙思想をもとにしたポルノグラフィーだった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 昔話「浦島太郎」への疑問
  • 第1章 児童文学「浦島太郎」(国定教科書の浦島太郎
  • 巌谷小波の浦島太郎)
  • 第2章 神仙小説「浦島子」(日本書紀の浦島子
  • 丹後国風土記の浦島子
  • 伊預部馬養と「別巻」
  • 万葉集の浦島子)
  • 第3章 小説の発生(中国の神仙小説
  • 馬養の神仙小説)
  • 第4章 中世小説「浦島太郎」(漢文伝からかな物語へ
  • お伽草子の浦島太郎
  • 浦島太郎の自由化)
  • 終章 小説から昔話へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浦島太郎の文学史 : 恋愛小説の発生
著作者等 三浦 佑之
書名ヨミ ウラシマ タロウ ノ ブンガクシ
書名別名 Urashima taro no bungakushi
シリーズ名 五柳叢書
出版元 五柳書院
刊行年月 1989.11
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4906010369
NCID BN04250752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90020120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想