担雲亭に住んだひと

瀬川朱々子 著 ; 瀬川康男 画

「こどものための絵、子どものための文、そんなものは存在しない。絵本は絵画と文学が結びついた、最高の芸術形式なのだから。」見果てぬ夢を見つづけた瀬川康男。「日乗」のことばから、絵から…、生きることへの想いが伝わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 詩・句・想い
  • 第2章 北軽井沢の日々
  • 第3章 『絵巻平家物語』を描く
  • 第4章 自作絵本への道
  • 第5章 担雲亭たべもの記
  • 第6章 いのちの時間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 担雲亭に住んだひと
著作者等 瀬川 康男
瀬川 朱々子
書名ヨミ タンウンテイ ニ スンダ ヒト : ガカ ・ エホン サッカ セガワ ヤスオ ノ ニチジョウ
書名別名 画家・絵本作家瀬川康男の日乗
出版元 一兎舎
刊行年月 2014.10
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-904699-09-6
NCID BB17521009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22497884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想